歯周病は虫歯よりも恐ろしい症状

虫歯になりにくい人ほど注意が必要

虫歯も歯を失う原因の一つですが、それよりも恐ろしいのは歯周病です。
歯周病の何が一番怖いのかといえば、自覚症状が出るまで時間がかかるということです。虫歯であれば物を食べたり飲んだりしたときに痛みが出てくるので気が付きやすいですが、歯周病はその痛みが中々出ないのが特徴の一つになります。特にあまり虫歯にならず歯科医院に行くことがない方は要注意です。
実は虫歯になるならないは歯磨きの仕方が良いとか悪いとかはあまり関係ありません。唾液が分泌されやすいか、されにくいかによるところが大きいのではないかと思います。あまり歯磨きが丁寧でなくても唾液がよく出ていれば口腔内は常に中性の状態になるので虫歯菌が繁殖しにくい状態です。逆に言えば歯磨きを丁寧にしていても唾液があまり出ていなければ虫歯菌は繁殖しやすいということになります。

歯周病の主な原因とその症状

歯周病の主な原因は、歯垢(プラーク)です。
このプラークの中の歯周病菌が歯茎に炎症を起こして、歯槽骨と呼ばれる歯を支えている骨を溶かしていくのです。
最初は歯磨きの時に血が出るなどの軽い症状ですが、その状態で放置しておくと徐々に進行していき、歯茎が下がり最終的には歯が抜け落ちてしまうという恐ろしい歯の病気です。
それならそこまでひどくなる前に歯医者に行けば良いではないかという話ですが、歯医者という所は出来れば行きたくないと考えている方が昔は非常に多かったため、放置状態も珍しくなかったのです。歯が抜けるのは老化現象として捉えている方も未だ少なくありませんが、歯周病は普段のケアで充分に防げる症状です。定期的に歯科医院に通い、歯石を取り除いて歯茎の炎症を抑え、いつまでも自分の歯で物を食べられるようにしていきたいものですね。


この記事をシェアする
ツイート
いいね
B!はてブ
▲ページTOPへ戻る